金融の最新ニュース

マイクロファイナンスについて

マイクロファイナンスは、貧しい人に対する貸し出し、預金、そして他の基本的資金援助のことです。
マイクロファイナンスは一般的に小額の貸し出しや預金であり、小額の資金が関わっています。
そのため、マイクロファイナンスは普通の銀行による援助とは異なっています。
なぜ小額の資金援助なのでしょうか?多額の資金を持ってない人々は、$5000といった高額の貸し出しを受けたいと思いません。
また、高額の資金が必要な銀行の預金口座を開くこともできません。
それゆえに、“Micro”=少量なのです。
小さな非営利組織から大きな銀行まで、マイクロファイナンスによる支援を行う組織をMFI(Micro Finance Institution: マイクロファイナンス機構)と言います。
なぜ、貧しい人達は資金援助が必要なのでしょうか?貧しい人々に資金援助が必要なことを想像することは簡単です。
貧しい人々はすでにこれらの援助を利用しているのです。
貧しい人々は預金をしていますがほとんどの場合、非公式な方法です。
彼らは金、宝石、ペット、建築用材木など簡単に現金に換えられる財産に投資するのです。
また現金を庭に埋めたり、ベッドの下にしまっておいたりもしています。
なぜ、彼らは銀行に行かないのかというと貧しい人たちは正式な金融機関を通した援助を受けることがほとんどできないからです。
彼らはほとんどの金融サービスを様々な金融関係を通して得ようとしますが、ほとんどの場合が非公式なのです。
正式な金融機関は資金財産のまだ持っていない人を助けるために作られたものではなく、資金財産を持った人のためにつくられたものなのです。
貧しい人たちはどうするのかというと信用貸付は非公式の営利、もしくは非営利の資金援助者から得ることができますが、それは借主にとって大変リスクが高いです。
貯蓄サービスは貯蓄クラブ、循環型貯蓄、信用貸付協会、相互的な保健社会など様々な非公式の関係を通して得ることができますが、これらは不規則で不安定なのです。